インプラントの連携医院

インプラント
連携医院

大分鶴崎岡病院マキシロフェイシャルユニット    ≫ ホームページ

大分市鶴崎にある岡病院のマキシロフェイシャルユニット(顎顔面治療部)の松本先生と平野先生に顎矯正とインプラントの治療の画期的な方法、オールオン4についてお話を伺ってきました。 マキシロフェイシャルユニット(顎顔面治療部)はどういう治療を行うところかの説明を岡病院のパンフレットから紹介します。


マキシロフェイシャルユニット(顎顔面治療部)

あご(マキシロ)、顔(フェイス)そして口を総合的に治療するところです。あご、顔には特殊感覚器(目、耳、鼻など)とそしゃく器(歯など)があり、それぞれが機能するだけでなく、話す、表情を創るなど統合された高次機能を持ちます。
この度、当院では医科、歯科が診療科の枠を外して共同して診療にあたる専門外来、マキシロフェイシャルユニットを設立しました。複数の専門医(形成外科、皮膚科、口腔外科など)から成るチーム医療で「顎」、「顔」、「口」に関わる多くの疾患に対して患者様の機能的な満足、整容的な満足を得られるように治療を致します。
お困りの方は一度当院にご相談下さい

素晴らしいコンセプトですね。  このユニットの皆さまにはぜひ活躍していただきたいですね。


顎顔面外科が民間の病院に置かれたのは九州では初めての事だとシロクスのO氏が教えてくれました。そのシロクスのO氏の紹介で岡病院を訪ねました。松本先生の講演はシロクス主催で2007年3月に宮崎市で行われ、その後松本先生と少しお話させてもらいました。非常に優秀で真面目な方です。
その後ずっと岡病院を見学したいと思っていましたが、O氏が見学の段取りをつけてくれました。 岡病院との医療連携のお願いもあっさり引き受けてくださいました。 総義歯の方で骨の極端に少ない難しい症例などをお願いしようと思っています。

写真

ページトップへ